速読で本を2〜3倍速く読む方法、練習すれば誰でもできる簡単速読術

速読で本を2〜3倍速く読む方法を知りたくありませんか?

速読は誰でもできる!でも、今までの本の読み方を一度捨てる必要がある。2〜3倍の速読なら簡単!

「もっと速く本が読めたら・・・」

誰でも1度は思うことです。

「1冊の本を読むのに何時間もかかってしまう・・・」

「1ヶ月に1冊しか本を読めなかった・・・」

多くの人がもっとたくさんの本を読みたいと思っています。

しかし、どうしても1冊の本を読むのに時間がかかってしまうので、その結果、読書という行為が重労働になってしまうのです。

でも、実は、そんな風に感じているあなたでも2〜3倍の速読だったら簡単にできるのです!

ただ、あなたはその方法を知らないだけなのです。

当サイトでは、誰でも練習さえすれば簡単に今より2〜3倍速く本が読める速読法について説明しています!

もっと多くの本に触れて、毎日を充実したものにしたい人はぜひ参考にして下さい。

今までの本の読み方を一度捨てましょう!

速読をマスターするために、あなたがまず最初にするべきことは、今までの本の読み方を捨てることです。

まずは、以下の3つの常識を捨てましょう!

【捨てるべき3つの常識】

  • 文字を一字一句読む
  • 理解をするにはじっくり読むことが必要
  • 声に出さなくても頭の中で音声化している

この3つは、あなたが今まで読書をする際に、意識的にも無意識的にもやってきたことです。

しかし、速読したいなら、今までの常識をばっさり捨てる勇気が必要です。

今までとは違うテクニックを身につける上で、今までの常識が邪魔になることがあるからです。

そもそも、速読している人は一般の人とは読み方が根本的に違うのです。

「一般の人」と「速読する人」の本の読み方の違い

また、速読する人は文字を一字一句読もうとしないので、視野が狭くならない傾向があります。視野が狭くならないので、1度にたくさんの文字が目に入ってきます。

文章を一字一句読もうとすると視野が狭まる

そして、ここが重要なのですが、速読する人は文字を読みません。文字をかたまりとして見るのです。

文章をかたまりでパッと見る

読んでしまうと、声に出さなくても頭の中で文字を音声化してしまいます。

すると、音声化のスピードが読むスピードになってしまい、それ以上速く読めなくなってしまうのです。

「音声化のスピード」=「読むスピード」では速読できない

また、速読する人は本に書いている複数の情報を組み合わせて、それを画像としてビジュアル化して記憶をしていきます。

「海」+「昼寝」→「ビーチで寝ている人物」

見出しもビジュアル化します。見出しは記事の内容を要約したものです。

見出しをビジュアル化

つまり、左脳だけでなく、右脳も使いながら全脳で読書しているのです。

そして、この脳の使い方があなたの中で眠っている才能が開花するきっかけになる可能性があるのです!


私が英単語を21日以内に3000語を暗記すると言った時、多くの友人は笑いました・・・。でも、私が本当に3週間で3000語の単語を暗記した時・・・
逆転ストーリーの続きはこちら »

速読とはあなたの中に眠っている、あなたが気付いていない才能を活性化する行為だ!

当サイトで紹介している速読術を使うと脳が活性化します。

なぜなら、左脳も右脳もフル稼働して読書するからです。

通常、読書というのは文字を読む行為なので、左脳優位になります。

しかし、当サイトで紹介している速読術は情報をビジュアル化するので、右脳も活性化します。

そして、右脳には左脳にない「一度に大量の情報を高速で受け入れ、瞬時にたくさんのことを処理する」という役割があります。

右脳と左脳の役割の違い

右脳と左脳の役割の違い

つまり、速読とは、ただ単に本を速く読む技術ではなく、左脳も右脳もフル稼働させて、あなたの中に眠っていた、あなたが気付いていない才能を活性化する行為でもあるのです!

その結果、物忘れ防止や老化防止にも役立ちます。

そして、速読して大量の本を読んで、大量の情報に接すると、知的レベルが嫌でも高くなり、自分に自信が持てるようにもなります。

そういう意味では、速読とは本を速く読むという以上に多くのことを享受できるエンターテイメントと言ってもよいでしょう!


オーストラリア ワーキングホリデー体験談 オーストラリアでのワーキングホリデー体験談

韓国 K-POPアイドル