一般の人と速読する人の読み方の違いとは

一般の人と速読する人の読み方の違いとは

本の読み方の違い

一般の人と速読で本を速く読める人の読み方の違いの1つに、目の動かし方があります。

目の動かし方、つまり視線の動き方が違うんですね。

一般の人は、本を読んでいる最中、文字を1行づつ上下に追っていきます。

一般の人の本の読み方

多くの人が、何も疑わずにこのようにして本を読んでいることでしょう。

しかし、速読する人は右から左へと視線が横に移動するだけです。

速読する人の本の読み方

当然ですが、見開きのページを読み終わるまでの視線の移動距離が速読する人の方が圧倒的に短いです。

視線の移動距離が短いのだから、移動距離が長い人よりも早く読めて当然です。

ただし、このように真横に視線を移動するだけで、本文全部を読むためには、視野を狭めないトレーニングが必要になります。

じゃないと、本の上部と下部の文字を認識できず、読むことができないからです。


私が英単語を21日以内に3000語を暗記すると言った時、多くの友人は笑いました・・・。でも、私が本当に3週間で3000語の単語を暗記した時・・・
逆転ストーリーの続きはこちら »

アメリカ発「世界金融危機」 リーマンショックを引き起こしたアメリカ発「世界金融危機」の全貌

レーシック手術後18日目、朝から偏頭痛の予兆、文字がにじむ